• ホーム
  • 余裕を持った育児をするならピルで計画的に妊娠

余裕を持った育児をするならピルで計画的に妊娠

余裕を持った育児をするためには、やはり経済力が必要です。
世の中、お金よりも大事なものはたくさんあります。
しかし、育児をするためには先立つものが必要であり、経済力があまり充実していない若い頃に子どもを持ってしまうと、母子共に健康的に暮らせない、これがシビアな実情です。

10代後半から20代前半の間に子どもを持ってしまうと、育児で苦労します。
キャリアが安定し、経済力も安定感がついてきた頃に妊娠するのがベストです。
計画的な妊娠を行うためには、ピルの利用がおすすめです。
ピルを継続的に服用すれば、セックスを行っても望まない妊娠が避けられます。
彼氏との交際を続けながら、あるいは新婚のラブラブなムードを保ちながら、計画的な妊娠が達成出来ます。

ピルは女性一人で出来る対策であり、男性に何かお願いをする必要はありません。
ピルを愛用しておけば、毎晩セックスをしても望まない妊娠は避けられますし、小さな錠剤を飲み続けるだけですので、働く女性から専業主婦の方まで、ライフスタイルに支障をきたす事はありません。

仕事にも慣れ、安定したキャリアが築けてきたと実感出来た、そんな気持ちが出てくれば、いよいよ妊娠しても大丈夫になります。
ある程度、貯金が出来ればお仕事を休んでも平気になりますし、職場で安定したキャリアを築いておけば、妊娠から出産を経験しても、再びキャリアウーマンとして職場復帰出来ます。

10代後半から20代前半の頃はピルを飲む事で、経済力が不安定な時期の妊娠を避け、反対に25歳から30歳の頃になれば、そろそろ良いタイミングという事で、妊娠と育児に向けて行動を移しましょう。
ピルを飲む事で若い頃に妊娠してしまうリスクを避け、また望まない妊娠を確実に避けられるという精神的な余裕がある事で、恋愛や新婚生活の中でも安心してセックスが楽しめます。

セックスは男女の大事なコミュニケーションです。
妊娠を避けるため、セックス自体をやめてしまうのは本末転倒であり、ピルを活用して賢く性生活を維持するのがおすすめです。

ピルの服用を中止してからの妊娠は胎児に問題ない

ピルの服用は任意のタイミングでやめられます。
そろそろ育児に向けて妊娠活動を夫を始めたい、そんな女性は服用をやめれば良いだけです。
お給料と職場の役職が満足行く水準となり、精神的な余裕も生まれてきたので、本格的に子作りをしたい、そう思った時はピルの服用をやめて、普通にセックスをしましょう。

ピルの服用を中止してから子作りを行えば、女性の体質も、普通に妊娠出来る状態になっています。
男性が膣内に精液を出す、いわゆる膣内射精を毎回行えば、自然と妊娠へ至ります。

ピルを服用していた女性は不妊体質になる、等の噂がありますが、全く事実無根のことです。
ピル服用を中止すれば、排卵再開が自然に進みます。
排卵再開が始まれば、子宮が普段通り精子を受け入れるコンディションとなり、繰り返しセックスをすれば、やがて着床に至ります。

またピルを長期間服用していた女性が子作りを行うと、医薬品の成分が母体に蓄積し、その悪影響で奇形児が生まれやすくなる、といった世間の声があります。
この意見は非常に世間的に飛び交っており、この声が気になってピルの利用を躊躇ってしまっている女性もいらっしゃいます。
ただし、この意見は完全に否定されています。
科学的根拠がない指摘です。
実際にピルが母体に影響を与えて奇形児が生まれてしまった、という報告例はありません。

ピルを服用している限り、排卵が中止されるため、精子を子宮に注がれても着床に至る事はありませんので、ある意味でその頃は不妊の体質になります。
しかし、服用を中止する事で体質は普段通りに元通りになりますし、ピルを愛飲する事で流産や奇形児出産のリスクが高まるといった意見はただの根も葉もない噂に過ぎず、計画的な育児と子作りをしたい方は安心して飲み始めてOKです。